宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

神主(かんぬし)

神様に奉仕する専門職を指す用語。

解説

以前は、神主を神社の長として表現していたこともありますが、現在では、一般的な神職のことを指します。

神主は日本の神社を包括している神社本庁が発給する神職資格を有し、神職規定もあります。昔は神職のことを神官とも呼んでいましたが、明治初頭に神官制度が出来てからは、伊勢神宮で奉仕している人だけを神官と呼ぶようになりました。それも、第二次世界大戦後は使われなくなりました。一般の方が呼びかける際には、「神主さん」もしくは「神職さん」という呼び方が適しているようです。

神職の階級

1946年に神職制度という制度が作られました。この制度は神職を4つの職階に分けるものとなっています。階級は宮司、権宮司、禰宜、権禰宜となります。更にその下に、出仕と言われる神職の見習い職があります。

宮司

神社の中でも中心となる職位になります。各神社で必ず一人だけがなることができる職位です。ただ、実際にはひとつの神社に1人の宮司ということではなく、複数の神社を一人の宮司が兼務している場合が多くあります。宮司の役割としては、神職や巫女などの長として神社を仕切る事だけでなく、神社の管理・運営や清掃など神社全体を取り仕切るのが主な役割です。また、七五三やお宮参りなどで神様にお祈りを捧げる際に祝詞をあげたり、儀式の先頭に立って祭祀を司るのも宮司の大切な仕事となります。

権宮司

明治神宮など一部の大きな神社において置かれる職位です。宮司と禰宜の職位となっています。

禰宜

権宮司の次の職位です。禰宜の定員は基本的に一人が原則であると定められていますが、神職が多い神社の場合は神社本庁の承認を得ることで、3~5人になる事があります。なお、権宮司がいない神社においては宮司の次の職位となります。

権禰宜

神職の中でも最も一般的な職位になります。宮司などその他の職階は各神社に1人とされていますが、権禰宜には人数に関する規定や制限がありません。大規模な神社であれば、権禰宜は複数いるのが一般的です。

出仕

神職の見習いのような立場となっており、会社でいう新人社員にあたります。神職につくには資格がいりますが、出仕には資格は不要です。

電話をかける(無料) 資料請求