宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

十界(じっかい)

6つの迷いの世界と、4つの悟りの世界を合わせて、10種類の境界を指す言葉。

解説

十界(じっかい)は仏教の世界観、生命観を表す言葉の一つです。ほかにも十界論(じっかいろん)や十法界(じっぽうかい)とも言われます。
人が持つ精神的なものを「迷い」と「悟り」への10世界に分けて、最初の6つが迷いの世界を表し、残りの4つが悟りの世界を表します。

迷いの世界とは

地獄界(じごくかい)、餓鬼界(がきかい)、畜生界(ちくしょうかい)、修羅界(しゅらかい)、人間界(にんげんかい)、天上界(てんじょうかい)と言います。
これらの6つをまとめて、六道(ろくどう)と言います。
六道は迷いがある者が生きる世界となり、迷いあるものが生と死を繰り返し、人間も動物も含めた生類(しょうるい)に生まれ変わること=輪廻(りんね)を繰り返すと言われており、六道輪廻(ろくどうりんね)とも言います。六道については以下の通りです。

地獄界:あらゆる恐怖に苦しめられる、咎められる状態
餓鬼界:目の前のことに固執して状態
畜生界:動物的な本能のままに行動する状態
修羅界:武力のみで、会話を持たず解決を図る状態
人間界:常心ではあるが、疑心暗鬼な状態
天上界:様々なものに喜び、主に瞬間的な喜びの状態

悟りの世界とは

声聞界(しょうもんかい)、縁覚界(えんがくかい)、菩薩界(ぼさつかい)、仏界(ぶっかい)と言います。
これらの4つをまとめて、四聖(ししょう)や悟界(ごかい)と言います。
また、仏界以外はまだ迷いの世界であり、悟りまでの道のりは長いというのが仏教の教えとなっています。

声聞界:仏教を学ぶ状態
縁覚界:内面が意識的に悟りになった状態
菩薩界:仏の使いとなった状態
仏界:悟り

電話をかける(無料) 資料請求