宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

入滅(にゅうめつ)

生と死を超越した、また煩悩が消えて「宗教的開放=解脱」を指す用語。

解説

入滅(にゅうめつ)とは、宗教的開放=解脱(げだつ)の状態であり、かつ肉体が完全に消滅をすること=死を意味しています。また涅槃(ねはん)に入ることも意味します。
涅槃に入るとは、煩悩が消え去り、無為(むい)の境地に入ったこと、悟りの世界に到達することを指し示しています。
主に釈迦の死を入滅と言いますが、位の高い僧侶=高僧などの死にも使う言葉です。
また、入滅(にゅうめつ)と同じような言葉で、寂滅、帰寂、入寂、滅度、滅道などがあり、これらも宗派ごとで、高僧の死に使われる言葉です。

釈迦と入滅の関係

釈迦が亡くなる前に最後の説いた教えが涅槃経といい、すべての仏性が備わり、成仏できるという教えです。
その教えは500人以上の弟子たちが聞いており、「欲に苦しむことがなく、心が穏やかに安定した状態 また身体という罪悪を捨てること」と言われ、入滅が死を意味するものではなく、悟りを開くことと説かれたと言われています。
釈迦の入滅の日は2月15日には、「涅槃会」という釈迦を偲ぶ会が執り行われています。

電話をかける(無料) 資料請求