宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

掛軸(かけじく)

書や東洋画を裂(きれ)や紙で表装したものを指す用語。

解説

書や絵を紙や布などに書き記し、それを壁などにかけれるようにしたものを掛軸といいます。日本では床の間などに書けて鑑賞し、「床掛け」と言われることもあります。

中国の北宋時代に掛物として掛軸が用いられていた。「掛けて拝する」ことに用いられ、礼拝用の意味合いが強くあったと思われます。桐箱に納められ、比較的複数生産が可能であったため、仏教の普及のための道具として日本に流入しました。

掛軸の発展

掛軸の歴史はかなり古く、飛鳥時代には既に仏画として掛軸が存在していたようです。掛軸が急激に広まったのは鎌倉時代と言われています。鎌倉時代において発展した禅宗の影響を受けた水墨画の流行に伴い、掛軸も人気となりました。

その後、仏教画や水墨画などの芸術作品を更によく見せるための引き立て役として、日本の文化と融合し室内装飾として発展していきました。

室町時代以降では茶人である千利休がお茶の席などで掛軸を披露すると、人々の間で掛軸が流行するようになりました。これをきっかけとして人々の間で掛軸が広く広まり、季節、時間を考慮して掛軸を取り換える習慣が生まれ、その場面の格式を掛軸で表現するようになりました。

さらに、江戸時代に入ると新しい表装技術が中国から伝わり、技術が大きく発展を遂げ、掛軸の芸術的価値を高めていきました。

電話をかける(無料) 資料請求