宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

神父(しんぷ)

キリスト教のカトリック教会において司祭に対する尊称。

解説

キリスト教の聖職者、とくにカトリック教会の司祭に叙階された人の日本での尊称として神父と呼びます。正式な職名は司祭(しさい)です。仏式の寺院における住職と同等の存在ともいえます。

神父の主な役目としては礼拝や結婚式を執り行うことや教会の運営などがあります。協会によってはボランティア活動を行っているところも多く、こうした活動を信者と共に行うことも神父の重要な役目の一つとされています。

神父と牧師の違い

どちらも礼拝や結婚式を執り行ったり、信者の悩みや懺悔を聞くなど、同じような仕事をしているイメージがありますが、教会での立場や守らなければならないルールなど大きな違いがあります。

神父は司祭の尊称として使われるもので、カトリック教会の役職の1つです。カトリック教会は、教皇をトップとするピラミッド型の組織構成となっており厳しい序列があります。神父はカトリック教会組織における役職の1つであり、信者達より上の立場にあるものとされています。神父は聖職者として信徒を集めてミサを執り行ったり、信者に対して洗礼を授ける権限を持つなど一定の地位を与えられています。なお、神父は基本的に結婚を禁じられており、生涯独身を貫く必要があります。さらに、女性は神父にはなれません。

一方で牧師はプロテスタント教会における教職者を指します。プロテスタント教会は、カトリック教会の上下関係の厳しい縦型の組織構成を否定しており、牧師についても信者の指導者的立場にありながらもあくまで信者の一人とされています。牧師の主な仕事は、礼拝の執行、信者の指導など神父と同じ部分が多々ありますが、プロテスタントでは僕は聖職者とはされていません。したがって、牧師は結婚することができ、宗派によっては、女性も牧師になることができます。

電話をかける(無料) 資料請求