宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

住職(じゅうしょく)

寺の長である僧侶を指す用語。

解説

お寺にいるお坊さんの中でも長である僧侶を住職といいます。一般的には、一寺を管領する最高位の僧職を指します。住職は和尚と言われる位の高い僧侶が担います。

住職は仏教の職名であり、宗派ごとに住職になるための条件や規定が定められています。僧侶であれば誰でも住職になれるわけではなく、僧侶である期間や修行期間など様々な条件や規程をクリアする必要があります。また、そもそも女性の住職を認めていない寺院や宗派もあります。住職になることは僧侶の世界では出世と言われ、住職となることは入院、晋住、晋山など言われています。宗派や寺院などによっては僧侶が住職になるのに際し、晋山式や住職継承の儀式などを行う場合もあります。

僧侶が住職になるには住職になる前に、まずは僧侶としてどこかのお寺に所属する必要があります。住職になるには特別な資格は必要ないのですが、宗派ごとに異なる条件や規程によっては特定の修行を受ける必要があります。一般的には修行道場で一定期間の修行を行い、その宗派の総本山などに登録して、住職資格を得ます。

住職の役割としては寺院の管理・運営のほかに、冠婚葬祭や法事など様々な法要や供養を行ない、仏教の教えを人々に伝えていくことです。また、お寺は地域とのコミュニティを形成していることも多く、地域の人を招いて説法や法話を行ったり、悩み事を聞いたり相談に乗るなど、地域や人々と一緒に様々な活動を行う必要があります。

さらに、墓地や納骨所、幼稚園などの経営を行なっている寺院も多く、経営者としての能力や役割が求められることもあります。

和尚と住職

住職と混同される言葉の一つに和尚というものがあります。言葉の意味としては住職と和尚は全く別物です。住職はお寺における役職を表すのに対して和尚は僧侶の位を表す言葉になります。和尚という言葉の意味は「弟子を取ることができるほど修行を積んだ僧侶」になります。弟子を取ることができるということはそれだけ厳しい修行を積んだ、位の高い僧侶ということになります。

宗派や寺院によって異なりますが、住職になるためにはまずは和尚になる必要がある場合もあります。

電話をかける(無料) 資料請求