宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

火葬場(かそうば)

遺体を火葬するための施設を指す用語。

解説

日本では亡くなられたほぼ全ての方を火葬します。この遺体を火葬するための施設を火葬場と言います。火葬場は誰もが最後にお世話になる場所です。

近年では火葬場を斎場や葬祭場と呼ぶ場合があります。本来であれば火葬場は亡くなった方を火葬する施設を指す言葉であり、通夜や葬儀を行う施設が斎場や葬祭場です。しかし、同じ敷地内に火葬場を併設する斎場が増えたため、このような呼び方が増えたと言われています。その為、火葬場と葬祭場が混同されやすくなっています。

火葬場の歴史

火葬場の歴史は古く、紀元前700年ごろまで遡ります。中国から帰国した高僧の命により、初めて行われたと言われています。その後、平安時代には僧侶による火葬が一般的となり、次第に武士、庶民にも火葬が浸透していきました。また、明治になると伝染病予防のため、法律により遺体は火葬すべきと定められ、これ以降各地に公営の火葬場が設置されました。

火葬の流れ

まず、火葬を行うには火葬場に「火葬許可書」を提出する必要があります。これがなければ火葬は出来ません。火葬許可証は死亡届を提出する際に役場で発行してもらえます。

火葬場に到着後は火葬炉の前まで棺を運び込み、安置します。さらに持ってきた位牌と遺影を飾って最後のお別れを行います。この場が故人様のお顔を見る最後の時間となります。後悔しないようにしっかりとお別れします。その後、ご遺体は火葬されます。

火葬にかかる時間は亡くなった方の体格や年齢などで変わりますが、およそ1時間ほどです。火葬が終わるとお骨を冷ますための冷却期間が設けられます。お骨が冷えたら骨上げを行います。火葬全体の時間としては1時間半~2時間程度になるのが一般的です。

なお、地域によっては先に火葬を済ませた後に葬儀を行う、「骨葬」が執り行われる場合があります。精進落としの会食を振舞う場所やタイミングなども地域差がありますので、葬儀社とよく確認をしておきましょう。

電話をかける(無料) 資料請求