宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

三昧(さんまい)

心を一つのことに集中させて安定した精神状態になる宗教的な瞑想を指す用語。

解説

精神一つのことに集中させ、安定した精神状態になる宗教的な瞑想を三昧といいます。三昧は日常的に使う言葉でもありますが、もともとは仏教用語です。三昧(ざんまい)は接尾語で、そのことに熱中するという意味や心のままにするという意味を持ちます。三昧とは「さんまい」と呼ぶ場合と、「ざんまい」と呼ぶ場合があります。

仏教では三昧は重視され、禅と並んで修行法の中心となりました。雑念を離れて心を一つの対象に集中し、散乱しない状態となるとき、正しい智慧が起こり、対象が正しくとらえられるとしています。三昧を説くことを目的とした経典もあります。

数々の三昧を使用する言葉の中で、三昧王三昧(さんまいおうざんまい)という言葉があります。禅の世界では座禅の事を指します。浄土門では念仏の事を指します。
その他にも三昧が付いた以下のような言葉があります。

・三昧境(さんまいきょう):心を一つのところに定めて動じないことを指します。無我の境地と似た心境と言えます。
・三昧堂(さんまいどう):僧が中にこもって修行する為のお堂の事を指します。その修行には法華三昧、念仏三昧、常行三昧などがあります。
・三昧聖(さんまいひじり):火葬や埋葬などを行い、墓所の管理をしている僧侶の事を指します。平安時代から三昧聖のように墓守の意味も持つようになりました。

日常的に使われる「〇〇三昧」

三昧という言葉はもともとは仏教用語ですが、現在では日常的に使われる言葉となっています。特に何かに集中して余念の無い事を〇〇三昧(ざんまい)と言います。勉強三昧、仕事三昧などの使われ方をします。また、飲食店のメニューの名称としても三昧が付いたものが見受けられます。

電話をかける(無料) 資料請求