宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

我執(がしゅう)

自分の意見に固執して、それから離れられないこと。我(が)を通すこと。また自身の存在の中に実体的な我があると考え執着することを指す用語。仏教では克服すべき課題とされている。

解説

自分の意見に固執することや、自身の中に存在する我に執着することを我執といいます。我執は仏教において克服すべきものであると考えられています。

我(われ)に執着すると自分本位の偏った物の見方、考え方が起こってきます。周囲の意見にも耳を貸さず、自分が、自分がという思いが強くなり、我を守るために他を責めることで防御したり、心に壁を作ったりしてしまうのです。

そうなると他人からの視線や評価が気になってしまいます。そこに人に対する妬みや嫉妬という負の感情が起こり、人間関係がさらに悪化したり、悩みや不満が増えてしまうのです。我執、執着とは人を束縛し、智慧に蓋をして無明の状態にし、心に大きな悩みを作る原因となるのです。

我執を断つ

仏教では我執を断つことで悩みのない平和な生活、すなわち涅槃・解脱の境地に至ると教えています。人生問題を作っていた心の悩みの原因は我執にあったという事実を知り、我執から離れるのです。人間関係や地位、名誉、金品などを所有すること自体に問題はありませんが、それらに執着する時に、あらゆる苦しみが生じます。この世では一切が無常であり、恒久的に存在するものや所有できるものは何もありません。その事実をあるがままに受け止めて、執着を捨てる時に心の平安が得られるものであるとされています。

電話をかける(無料) 資料請求