宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

往生(おうじょう)

現世を去ったのち、心身の苦痛や苦労がない清らかでけがれのない世界に生まれる事を指す用語。

解説

仏教において、一般的に現世を去ったのちに仏様の極楽浄土にいき、蓮華の中で再び生まれ仏になるとされています。これを往生といいます。往生を願う事を願生と言い、往生する人の事を往生人といわれます。

浄土の種類

来世浄土

来世浄土は、現世を去ったのちに赴く次の人生を経験する世界であります。阿弥陀如来様の仏国である西方極楽浄土や阿閦如来様の東方妙喜世界などが有名であります。

浄土国土

現実世界の浄土を意味する言葉で、現実で仏の道に実践で励む菩薩様の行として立てられたものです。

常寂光土

常寂光土は仏様の悟りそのものが具現化している世界の事をいいます。

電話をかける(無料) 資料請求