宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

五大明王(ごだいみょうおう)

仏教において五人の偉大な明王のことを指す用語。

解説

五大明王は仏教の中でも特に密教において、魔を降伏させる五明王で、中央が不動(ふどう)、東方が降三世(ごうざんぜ)、南方が軍荼利(ぐんだり)、西方が大威徳(だいいとく)、北方が金剛夜叉(こんごうやしゃ)になります。

ただし、台密においては金剛夜叉明王の代りに烏枢沙摩(うすさま)明王が加わります。いずれの明王も忿怒の形相を表しております。五大明王の他に、五大尊や五分怒とも呼ばれる場合があります。

五大明王の配置

不動を中央にして東南西北に配置するのが一般的です。以下のように配置します。

中央 – 不動明王 – 大日如来の教令輪身
東方 – 降三世明王 – 阿閦如来の教令輪身
南方 – 軍荼利明王 – 宝生如来の教令輪身
西方 – 大威徳明王 – 阿弥陀如来の教令輪身
北方 – 金剛夜叉明王(東密系、不空成就如来の教令輪身)または烏枢沙摩明王(台密系)- 不空成就如来の教令輪身

五大明王の彫刻・絵画

五大明王は彫刻や絵画などが多数制作されており、現存するものも多くあります。

五大明王像は日本では密教伝来の平安時代以後に作られたものが多く、現存する最古の彫像といわれている像は東寺(教王護国寺)にある講堂像が西暦839年(承和6年)に作られた木像とされており国宝になっています。また、大覚寺(京都)の明円作の像や醍醐寺(京都)の上醍醐五大堂と霊宝館にある像、常福寺(三重)の像、宝山寺(奈良)にある湛海作の像、不退寺(奈良)の像などが有名でそれぞれ重要文化財に指定されている。

五大明王を描いた絵画としては、西暦1127年(大治2年)の藤原仏画の典型とされる東寺(教王護国寺)の五大尊像の絹本をはじめ、鎌倉時代初期の醍醐寺の白描図、芦浦観音寺本など優れた絵画が数多く残されています。

電話をかける(無料) 資料請求