宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

五智如来(ごちにょらい)

密教の五智を各々そなえた五如来を指す用語。

解説

大日如来が備え持つという五種の智慧、五智に配当される五人の如来をいいます。それぞれの智慧は大日如来に法界体性智が、阿閦如来に大円鏡智が、宝生如来に平等性智が、阿弥陀如来に妙観察智が、不空成就如来に成所作智が、それぞれ割り当てられています。

五智

大日如来が持つといわれる五種の智慧の総称です。密教では法界体性智、大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智の五つが五智とされ、中でも大日如来が担う法界体性智は、四智といわれるそれ以外の大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智の根本にあたります。
以下に五智の詳細を紹介します。

大円鏡智(だいえんきょうち):大きな丸(円)い鏡が万物の姿形、影までもそのまま映し出すように、すべてを正確に照らす智慧。物の本質や真の姿を知る仏の智慧。
平等性智(びょうどうしょうち):すべてのものは平等だと知る智慧。自己と他者を一切区別せず、本来同一のものと知る仏の智慧。
妙観察智(みょうかんさつち):主観を持たず、期待や予測を含めず客観的に物事を観察する智慧。存在の目で見て取れる姿、特徴・特質・様相・形相を正しくとらえ、仏教の実践を支える仏の智慧。
成所作智(じょうしょさち):何物にもとらわれずなすべきことを漏らさず成すための智慧。衆生に益するために本来の形を変えて他の姿を取る仏の智慧。
法界体性智(ほうかいたいしょうち):全世界・全宇宙の本性を明らかにする絶対的な智慧。

また、五智如来は五仏ともいい、この場合の構成にはおよそ二種類があります。金剛界五仏は上記と同様ですが、胎蔵界五仏は、大日如来、宝幢如来、開敷華王如来、無量寿如来、天鼓雷音如来の五如来となります。
大日如来以外は阿閦如来と宝幢如来、宝生如来と開敷華王如来、阿弥陀如来と無量寿如来、不空成就如来と天鼓雷音如来が、それぞれ対応しています。

電話をかける(無料) 資料請求