宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

忌中(きちゅう)

亡くなってから四十九日までの期間を指す用語。

解説

亡くなってから四十九日までの期間を忌中といいます。

忌中は、「死は穢れたものである」という神道の教えから生まれたものです。忌中の間はその穢れが他人にうつらないように外部との接触を断ち、自宅にこもって故人の為に祈りを捧げて過ごす期間とされています。本来は仏教とは関係のない言葉のようですが、一般的に仏教においても四十九日の法要を終えるまでの間を忌中と呼びます。

ただし、忌中の期間は仏教と神道では違いがあります。仏教の場合、四十九日の法要が済むことで「忌明け」とするのが一般的です。神道では忌中の期間は故人との関係によって長さが異なり、最大で50日とされています。

忌中には慶事への参加を控えます。結婚式への出席や神社の参拝は控えましょう。また年始回りや年賀状も控えます。忌が明けた後(喪中)については、少なくとも神社への参拝は控える必要はないとされています。

なお、香典返しは忌明け後に行うのが一般的です。お通夜やご葬儀、告別式で頂いた香典の金額に対しお返しの品物を送ります。また、香典返しの際は忌明けや法要を無事に済ませたことの挨拶状を添えて贈りましょう。

神棚封じ

自宅に神棚があり、日常的にお参りをされている場合は神棚封じを行う必要があります。神棚封じはご家庭の近親者が亡くなられた場合において、忌中の間は神様に死の穢れを近づけないようにするための行為です。神棚にお札や半紙を貼ることで神棚封じを行います。神棚封じを行った後は忌明けするまではお参りを避けます。仏壇があるご家庭は仏壇の扉も閉じておきます。

電話をかける(無料) 資料請求