宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

和尚(おしょう)

修行を積んで弟子を指導することができる高僧を指す尊称。

解説

僧侶の中でも特に修行を積んで弟子を指導できる高僧を和尚といいます。和尚は僧侶の中でも弟子を教育する立場にある師匠となる僧侶を表す際の尊称です。

もともとはインドで受戒の「戒」を授ける師の事を「戒和尚」と言われていました。中古以来、日本では仏法に通じた徳の高い僧の尊称で、宗派によって「かしょう」「おしょう」「わじょう」と呼ばれる。

住職

和尚と近い言葉に住職があります。この二つの言葉は混同して使われることがありますが、厳密には和尚と住職が持つ意味は異なります。

一般的に住職は一つの寺を主観する最高位の僧職を意味します。住職という呼称は、現在では宗派を問わず用いられています。宗派によって異なりますが、僧侶になるには出家をして、入門時に頭を丸刈りにして、各宗門校などで勉学し、本山や宗門道場で修行を行います。住職になるには、一寺の地位、財産、職業などを受け継いでなる事が多い。仏教寺院では寺主、維那、院家、隠元、上人、方丈、和尚、住持、長老などの住職をさす尊称があります。また、寺固有の呼称もあります。

一方で和尚は「弟子を指導できる僧侶=それほど修行を積んだ高僧」を表す尊称です。つまり、住職の尊称が和尚となります。

電話をかける(無料) 資料請求