宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

葬具(そうぐ)

葬儀の際に用いられる道具を指す用語。

解説

お葬式を執り行う際に用いられる道具、もしくは必要となる道具を葬具といいます。近年ではほとんど目にすることはありませんが、昔の葬儀は葬列を作るのが一般的で、当時の葬具は野道具(のどうぐ)とも言われていました。これは野辺送りの際に使われる道具という意味合いから野道具と言われるようになったとされており、野道具が変形したものや、仏具から発展した葬具などもあります。このように葬具は、その時代の葬儀に合わせて時代ごとに変化を遂げた道具と言えます。

基本的に葬具には金具を使わず、白木の木工製品か紙製品であるのが一般的です。主な葬具としては枕飾り(まくらかざり)・提灯(ちょうちん)・位牌(いはい)・香炉(こうろ)・松明(たいまつ)・四本幡(しほんはた)・四華花(しかばな)などがあげられます。

また、葬具には故人を見守り、極楽浄土へ行くのを願うという意味が込められているとされます。

野辺送りとは

野辺送り(のべおくり)とは、葬送のことで、「ご遺体を埋葬地または火葬場まで運び送ること」をいいます。江戸時代から昭和ごろまでは葬列を組んで行ってました。
野辺とは「埋葬」を意味し、かつては、自宅でお葬儀を行った後、棺を担いで埋葬地まで運び埋葬していたため、「野辺送り」と言われてました。
現在では霊柩車で運ぶのが一般的になり、見られなくなった儀式のひとつです。

電話をかける(無料) 資料請求