宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

遺体(いたい)

死んだ人のからだを指す用語。亡骸とも。

解説

死んだ人の体を遺体といいます。遺体は人間の亡骸に対して、その人格を込めた表現です。亡くなられた方に対して敬意を表した、かなり丁寧な表現となります。

基本的に人間以外に使うことはあまりない表現ですが、家族同然のペットが亡くなった際などには、「ペットの遺体」というように表現する場合もあります。

死体と遺体の違い

死体は「死んだ生物の体」という、ひとつの物体として捉える表現に対し、遺体は「人間の魂が去って残された体」という人格性を込めた表現のため、死者やご遺族への哀悼の意を込めた言い方になります。

報道では使いわけも

ニュースや報道においては死体と遺体は使い分けられます。身元不明者の場合は「死体」、身元がわかっている場合は「遺体」というように使い分けられるのが一般的で、亡くなった本人に敬意が表されており、丁寧な言い方をしています。

最近では、死因や遺体が誰であるかよりは、人間の亡骸である事に重点を置かれ「身元不明の遺体」と報じる事もあるそうです。ただし、人間の場合でも「死体遺棄罪」や「死体損壊罪」などの法律用語については「死体」という表現が使われます。

遺体と似ている用語

・亡骸 (なきがら):亡くなった人の残された体。遺体と同じように敬意を込めた丁寧な表現。
・屍 (しかばね):主に文学などで使われる表現。
・死骸 (しがい):動物や魚、虫など人間以外に使う表現。

電話をかける(無料) 資料請求