宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

遺言(ゆいごん・いごん)

故人が死んだあとのことについて言い残す言葉。

解説

自分の死後について言い残す言葉を遺言といいます。一般的な読み方としては「ゆいごん」となりますが、法的な専門用語では「いごん」と読みます。遺言は紙に書かれているケースもあれば、録音や、口頭、メールで伝えられるケースもあります。

元気なうちに遺される家族や友人などへメッセージを残したり、自身の葬儀についての希望、お墓に関する事などを言い残しておく場合もあります。もちろん、これらも遺言になります。
近年ではこうした家族や友人へのメッセージと葬儀やお墓に関する希望などをエンディングノートにまとめておく人も増えてきています。

遺言の中でも法的に効力を持たせる財産分与などに関しては、国で定められた形式・書式による遺言書の作成が必要になります。国で定められた遺言の書き方に則った遺言書でなければ、法的な効力はありません。国で定められた形式に則って書き残された遺言については、財産分与などについての故人の最後の意思表示となります。遺言書はルールを知ってしまえば一般的な個人であっても簡単に作成できるものですが、ルールを無視して作成してしまうと無効となってしまう場合もある為、注意が必要です。

遺書と遺言書の違い

遺書も遺言書も亡くなった人が生前に何らかの意思表示をする目的で書いたものです。遺書は法的な効力を持たないもので、個人的な希望やメッセージを綴ったものです。一方で遺言書のほうは国で定められた形式に則って作成されるため、法律上の効力を持つものになります。

電話をかける(無料) 資料請求