宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

生飯(さば)

仏教や修験道でみられる食事の作法を指す用語。餓鬼などに施すため、食べる前に自分の飯椀の中から少しご飯を取り分けておくことを言う。

解説

主に仏教や修験道でみられる食事の作法で、餓鬼などに施すために、自身のご飯を少しだけ取り分けておくことを生飯といいます。

生飯は「サンパン」とも言い、三飯、散飯、三把とも書きます。自分たちだけで食べるのではなく、他に施しをする心、思いやりの心を持つための作法です。この生飯の分も考えて少し多めにご飯を準備する事を「サバを読む」と言ったことから、転じてモノを数える時に数を誤魔化すことの意味として使われるようになったという説があります(諸説あります)。

生飯の作法

生飯は、ただご飯を取り分けておけばいいわけではなく、仏教における儀式の一つとしても考えられるものです。ここでは生飯の作法について紹介します。

生飯の作法
1.お経を唱える
2.お経を唱えている最中に3粒ほどのご飯粒を箸でとる
3.利き手と反対の手の平がご飯粒の下にくるようにする
4.3の平の上で箸でとったご飯粒を2周半まわす
5.まわし終えたら自分の食卓の奥にそのご飯粒を供える

上記の作法において4の事を「生飯を空じる」とも言います。これは禅宗のお葬式や行事などでも見られるとても重要な行為で、お香の煙の上で清めるという意味を持っています。しかし、食事中はお香を焚くのが難しいため、左手を下に添えてご飯粒をまわすことで生飯を清めます。

生飯を行うわけ

生飯を行う理由としては仏教において日常的に実践すべき事の一つとされる布施を食事の場においても実践するためとされています。布施は六波羅蜜の一つでもあり、仏教においてはとても大切なものです。ですから、食事毎に生飯を行うものとされています。

お供えした生飯の行方

生飯の作法に従って自分の食卓にお供えしたご飯粒は飯台看が食事後に回収し、外にお供えます。この行為によって餓鬼に施すという事を実践しています。

電話をかける(無料) 資料請求