宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

因果(いんが)

全ての行いはその後の運命を決定するという意味の仏教用語。

解説

仏教用語ですべての行いはゆくゆくの運命を決定するということを因果と言います。
特に前世に悪いことを行っていたとしたら現在は不幸が訪れるとされています。

因果はもともと仏教用語でしたが、時代と共に日常的に使われるようになってきました。日常的に使われる多くの場合において、因果は良い行いをすると良いことで返ってきて、悪い行いをすると悪いことで返ってくるという意味で使われます。

因果応報

因果応報とは、行った事の善悪によって、それぞれの報いが現れるという考え方を表す用語です。因は因縁(原因)、果は果報(報い)という意味で、前世から過去に行ったことが悪い事であれば、前世もしくは過去の因縁が原因になっているというのが因果応報の考えとなっています。因果応報は悪い結果と原因を表す時によく使われる用語です。

因果応報の類語

因果応報の類語としては善因善果や悪因悪果の四文字熟語があります。善因善果は「良い行いが結果的に良いことをもたらす。」という意味で、悪因悪果は「悪い行いが悪い結果を招く」と言う意味で使われます。自業自得も因果応報と近い意味の言葉として使われる事があります。

電話をかける(無料) 資料請求