宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

夜叉(やしゃ)

古代インド神話に登場する複数の鬼神を指す用語。

解説

古代インド神話に登場し、顔かたちが恐ろしく性質も猛悪なインドの鬼神を夜叉といいます。夜叉は一般にインド神話における鬼神の総称であるとも言われています。

夜叉は仏教に取り入れられて八部衆の一つとして仏法を守護する鬼神となり、毘沙門天の眷族とされており羅刹と共に人々を守護しているものと去れています。もともと夜叉は猛悪な性格で人を食らう鬼神の性格も併せ持ち、それは仏教を取り入れてからも変わりませんでしたが、人間を守護し恩恵を与える存在と考えられていました。

こうした事からバラモン教では舎の前門には一対の夜叉像を置き、これを守護させていました。仏教の金剛力士像はその名残であると考えられています。

夜叉の種類

夜叉には天夜叉・地夜叉・虚空夜叉という三種類の夜叉が存在しており、天夜叉と虚空夜叉は空を飛ぶことができるといわれています。夜叉は森などに出現する精であったり財宝の神であったり豊穣の神であると言われています。

また、夜叉には男性と女性があり、男性はヤクシャ、女性はヤクシーかヤクシニーと呼ばれています。男女ともに夜叉と表記されることが多いが、女性は薬叉女と表記される場合もあります。

女性の夜叉ヤクシニー

女性の夜叉、ヤクシニーはガンダーラ美術では菩薩のように表現されていることが多く、その影響からヤクシニーの像は菩薩もしくは女神のような姿になっています。
また、仏教における鬼子母神(きしもじん/きしぼじん)は仏教を守護するとされる夜叉・女神ヤクシニーの一尊であるとされています。

八大夜叉(守護八大夜叉神)

夜叉の中でも毘沙門天に属し、衆生を守る八体の夜叉を八大夜叉といいます。八大夜叉の下にはさらに多数の夜叉が存在すると言われています。

八大夜叉一覧
1、宝顕夜叉(ほうけんやしゃ)/宝賢大将(ほうけんたいしょう)
2、満顕夜叉(まんけんやしゃ)/満賢大将(まんけんたいしょう)
3、散支夜叉(さんしやしゃ)/散脂大将(さんじたいしょう) ※鬼子母神の夫
4、衆徳夜叉(しゅうとくやしゃ)/婆多祁哩大将(しゃたぎりたいしょう)
5、応念夜叉/憶念夜叉 (おうねんやしゃ)醯摩縛多大将(けいまばたたいしょう)
6、大満夜叉(だいまんやしゃ)/毘灑迦大将(びしゃかたいしょう)
7、無比力夜叉(むひりきやしゃ)/阿咤縛迦大将(あたばかたいしょう)
8、密厳夜叉(みつごんやしゃ)/半遮羅大将(はんしゃらたいしょう)

電話をかける(無料) 資料請求