宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

羅刹(らせつ)

インド神話における鬼神の総称を表す用語。仏教の天部の一つ十二天に属する西南の護法善神で破壊と滅亡を司どる神。

解説

羅刹はインド神話における鬼神の総称のことをいいます。仏門に入る前の羅刹は大力で足が速く、人を惑わし、人を食うと言われている悪魔や魔物のことでしたが、のちに仏教に入り、羅刹天として毘沙門天の眷属となって守護神とされ、十二天の一つになりました。

羅刹天は仏教の天部の一つ、十二天に属し、毘沙門天の眷属として夜叉とともに羅刹天は西南を守護し、手にした剣で煩悩を断つといわれています。
鎧を身につけ左手を剣印の印契を結び、右手に刀を持つ姿で描かれる。全身黒色で、髪の毛だけが赤い鬼とされています。

羅刹には別名として涅哩底王(ねいりちおう、にりちおう)があります。また、羅刹の類義語としては羅刹天(らせつてん)、羅刹鬼(らせつき)・速疾鬼(そくしつき)・可畏(かい)などがあげられます。

様々な羅刹

男性と女性の羅刹がおり、羅刹の男は醜く、羅刹の女は美しいとされています。

男性の羅刹は羅刹娑・羅刹婆(ラークシャサ、ラークシャス、ラクシャーサ、ラクシャス、ラクシャサ、ラクササ)といい、女性の羅刹を羅刹斯・羅刹私(ラークシャシー)・羅刹女(らせつにょ)といいます。

羅刹女としては、法華経を聞いてお釈迦様に法華経の信者を守ると誓い、鬼神から善神になった普賢菩薩に仕える、天部における10人の女性鬼神「十羅刹女」がよく知られています。
これとは別に「十大羅刹女」や「八大羅刹女」、「十二大羅刹女」などがそれぞれ名称を挙げられており、孔雀経では72の羅刹女の名前が列記されています。

十羅刹女

法華経には10人の羅刹女が説かれています。
羅刹女は、元は人の精気を奪う鬼女でしたが、のちに鬼子母神らとともに仏の説法に接し、法華行者を守る神女となったとされています。ここでは10人の羅刹女について詳しく紹介します。

藍婆(らんば)/有結縛(うけちばく)

元は人にまとわりつき命を取る鬼神。甲冑を着て剣と経巻を持ちます。

毘藍婆(びらんば)/離結(りけち)

元は縁を思うままに離脱せしめんとする鬼神。右手に風雲、左手に念珠を持ちます。

曲歯(こくし)/施積(せしゃく)

元は上下に曲がった牙を持つ鬼神。手には花を盛った華皿を持ちます。

華歯(けし)/施華(せけ)

元は上下に白く鮮明な異様の歯を持つ鬼神。左手に如意宝珠を持ちます。

黒歯(こくし)/施黒(せこく)

元は黒い牙を持つ鬼神。幡を持っています。

多髪(たはつ)/被髪(ひほつ)

元は振り乱した髪を持つ鬼神。幡を持ちます。

無厭足(むえんぞく)/無著(むぢゃく)

元は飽き足らなく様々な障害をもたらし、民衆を殺害をする鬼神。手に瓶を手に持ちます。

持瓔珞(じようらく)/持華(じけ)

花輪を身に着けた鬼神。手に瓔珞を持ちます。

皇諦(こうだい)/何所(かしょ)

元はこの世とあの世、天界と人界とを自由に往来できる鬼神。膝を立てて座り、右手に裳、左手に独鈷を持ちます。

奪一切衆生精気(だついっさいしゅじょうしょうげ)/取一切精(しゅいっさいしょう)

元は精気を奪う鬼神。両手を合掌して手にを纏った姿になります。

電話をかける(無料) 資料請求