宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

大安(たいあん)

六曜のひとつで、友引先勝先負赤口仏滅とならび吉凶について定めたもの。

解説

大安(たいあん)は一般的には「たいあん」と読み、「だいあん」とも読まれます。
大安はあらゆることに良いとされる日、六曜のなかでも一番の吉日とされています。

先勝の意味

広辞苑(第7版)では「吉日。万事に良しとされる日。多くの場合は結婚式などに良い日」と解説されており、六曜のなかでも先勝などの吉日もありますが、大安はその中でも一番の吉日とされています。
また、大安は大安吉日(たいあんきちじつ)とも呼ばれて、結婚式には最適な日とされています。

先勝の吉と凶の時間

大安は丸一日が吉とされており、時間による変化はありません。結婚式や車の納車、契約事、お店の新規オープンなどは大安に合わせて行われることも多く、縁起を担ぎたい人にとっては六曜を参考にして、大安の日に合わせることをおススメします。

大安は何もしないのがもっと良い日?

一般的には六曜のなかで一番縁起の良い日、吉日とされており、中には「大安はなにもしないほうがよい日」という考え方もあります。
これはキリスト教やユダヤ教にある「安息日」の考え方によるものです。
安息日は「何にもしない日」として、認識されており、その考えに沿って大安も何もしないほうが良いという考えになる場合もあるそうです。
ですが、もともと六曜は陰陽道の考えから来ており、科学的根拠などはありませんので、あくまでもそれぞれの考え方次第ということになります。

電話をかける(無料) 資料請求