宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

須弥山(しゅみせん)

古代インドにおける仏教の世界観において中心にそびえたつ聖なる山を指す用語。

解説

古代インド仏教の世界観において世界の中心にそびえる聖なる山のことです。この聖なる山を中心としてさらに七重の山が取り巻き、山と山との間に七つの海があり、いちばん外側の海を鉄囲山(てっちせん)が囲みます。

この外海の四方に四大洲が広がり、その南の州に人間が住んでいるとされています。玄奘三蔵法師は須弥山を妙高山と訳しました。新潟にある妙高山はここからとられた名前です。お寺の本堂の正面にある檀を須弥壇(しゅみだん)と呼ぶのはこの山をかたどったところからきています。

須弥山の世界観

須弥山には独特な世界観の中に存在しているとされています。

須弥山がある場所には虚空の中に風輪(ふうりん)と呼ばれる円盤状で、大きさを示すことが出来ないほどの大きさの物体が浮かんでいます。その上に同じく円盤状の水輪(すいりん)が乗っています。水輪の大きさは120万3450由旬といわれており、その水輪のさらに上部に金輪(こんりん)が乗っています。金輪の大きさは直径は水輪と同じ、金輪場の表面に山、海、島などが乗っています。この円盤の真ん中にあるのが須弥山です。

須弥山の高さは8万4000由旬です。(一由旬は四〇里/約七km)
須弥山の頂上にある善見城には帝釈天が住んでおり、しばしば如来様が来臨し、人間の住む南贍部州(なんせんぶしゅう)に対して如来の法力を及ぼし、人間の前世・今世・来世の三世はもとより、先祖代々一切にその功徳をもって供養守護して下さると言われています。また四天王や諸天が階層を異にして住み、日月が周囲を回転しています。須弥山には甘露の雨が降っており、それによって須弥山に住む天たちは空腹を免れているとされます。

金輪際

須弥山の世界の根底は風、水、金の三輪が形成しています。水輪と金輪の境目は金輪際(こんりんざい)と言います。つまり「金輪際」は「真底」「徹底的」を意味しており、これが転じて物事の最後の最後までを評して金輪際と言うようになりました。

電話をかける(無料) 資料請求