宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

会葬礼状(かいそうれいじょう)

葬儀や通夜への参列者に対して渡すお礼状を指す用語。

解説

葬儀や通夜へ参列して頂いたことに対する感謝の気持ちとして参列者に渡すお礼状を会葬礼状といいます。会葬礼状は葬儀に参列して頂いた方へ感謝を伝える礼状となっており、香典の有無や金額などに関わらず葬儀や通夜に参列して頂いた全ての方にお渡しします。

近年増えている香典の即返しをする場合についても、香典返しの挨拶状とは別に会葬礼状についても用意します。また、弔電や供花を贈っていただいた方に対しても、葬儀を終えてからなるべく早い段階で会葬礼状を送ります。

なお、葬儀が終わった後から、弔問して頂いた場合においても、弔問に対する感謝の気持ちとして会葬礼状をお渡しするようにしましょう。

家族葬の場合でも必要

家族葬など小規模な葬儀の場合でも一般的には会葬礼状を用意します。特に家族葬の場合でも故人の友人など家族や親族以外が葬儀に参列する場合は会葬礼状を用意しておくのがマナーです。

なお、家族葬の場合でも完全に家族や親族のみの場合は会葬礼状を用意しないという場合もあります。

会葬礼状を用意するには

基本的に最近の葬儀プランには会葬礼状が含まれている事が多いため、わざわざ葬儀社に依頼する必要がないのが一般的です。万が一、葬儀プランに含まれていない場合でも基本的には葬儀社の方から「会葬礼状はどうしますか?」というように声をかけてもらえると思います。

ただし、会葬礼状にもこだわりたいという場合については、会葬礼状作成を専門とする業者に依頼する方法や、自分で文章を作成し印刷するという方法もあります。また、会葬礼状を業者に依頼する場合についても定型文を用いる場合やオリジナルの文章を用いる場合など様々です。

注意すべきポイント

会葬礼状を作成する上ではいくつか注意点があります。ここではその中でも代表的なものをご紹介します。

句読点を使わない

本来であれば会葬礼状は毛筆で書くものであるとされています。一般的に毛筆の書状には「 、 」や「 。 」が用いられません。こうした事から会葬礼状にも句読点を使うべきではないという考え方や葬儀が滞りなく終えられるようにという意味合いで会葬礼状には句読点を使わないのが一般的になっています。

薄墨を使う

薄墨を使うことは「涙が硯へ落ち、墨が薄くなってしまった」という意味合いが込められています。会葬礼状は弔事の手紙にあたるため、薄墨を使うのが基本的なマナーとなります。

電話をかける(無料) 資料請求