宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

六神通(ろくじんずう)

仏教において仏や菩薩に備わる不可能と思われることを成し遂げる特殊な六種の能力のことを指す用語。

解説

仏教におい不可能と思われることを成し遂げる六種の特別な力や超能力のこと神通力といいます。六通と呼ばれる場合もあります。
神通力の神通という文字にはそれぞれ、神には測りがたい、通には遮るものがない、という意味があります。こうした意味から神通は「測りしれないほど不思議な力」という意味を表します。

六神通にあげられる六種の神通力を解説

六神通は経典や分類の仕方によってそれぞれ呼び名が異なります。ここで紹介する名称は、大毘婆沙論で出てくる呼び名になります。また、六神通はそれぞれ智によって證得する神通力のため智證通とも呼ばれています。 

「神境智證通」(じんきょうちしょうつう)

 
自由自在に自分の思う場所に行き来できる、思い通り姿をかえる、思い通りに外界のものを変えることのできる力や自由自在に飛行する力、水面を歩行する力、壁すり抜け力など残りの5つの神通力以外のことがすべてできる力ともいえます。

別名:如意通/神足通

「天眼智證通」(てんげんちしょうつう)

自分や他人の未来を見通す力です。

「天耳智證通」 (てんにちしょうつう)

世界のあらゆる声や音などを聞き分ける能力です。

「他心智證通」 (たしんちしょうつう)

他人の心の中をすべて知る能力です。

「宿住隨念智證通」 (しゅくじゅうずいねんちしょうつう)

生命のあるすべてのものの輪廻転生を見る力です。

別名:宿命通

「漏尽智證通」 (ろうじんちしょうつう)

煩悩をすべてなくして、今生を最後に二度と迷いの世界に生まれないことを悟る力です。

三明とは

六神通の中でも天眼智證通、宿住隨念智證通、漏尽智證通の三つの神通力は「三明」と呼ばれており、極僅かな人しか扱えないものとされています。

電話をかける(無料) 資料請求