宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

阿育王(あしょーかおう・あいくおう)

阿育王は、マウリヤ朝の第3代の王である。(在位:紀元前268年頃 – 紀元前232年頃)漢訳音写では阿育王と書かれる。
インド亜大陸をほぼ統一した。釈尊滅後およそ100年に現れたという伝説もあるアショーカ王は、古代インドにあって仏教を守護した大王として知られる。

解説

阿育王は古代インド,マウリヤ朝(摩伽陀国)第3代の王です。在位は前268年頃‐前232年頃といわれています。生没年不詳で釈尊滅後およそ100年に現れたという伝説があります。パーリ語仏典ではアソーカAsokaとし,漢訳仏典では阿育と音写され,無憂と意訳されます。阿育王の祖父はマウリヤ王朝の創始者チャンドラグプタで父はビンドゥサーラであるといわれています。

阿育王の青年時代には様々な伝説が伝えらています。

特に阿育王は父であるビンドゥサーラ王と不仲と言われており、有名なエピソードでは、タクシラでの反乱があります。

タクシラで反乱が発生した際に父であるビンドゥサーラ王は阿育王に軍も武器も与えずに反乱鎮圧に向かうように命じました。これに心配した家臣が「王子よ、軍も武器もなしに我々はどうやって戦えばいいのでしょうか?」と問うと阿育王は「もしも私が王者に相応しいほどの善根を持つならば軍と武器が現れるであろう」と答えます。すると神々は大地を割り、その裂け目から軍と武器を出して阿育王に与えました。これを聞いたタクシラの住民達は道を清めて阿育王を大歓迎し「我々はビンドゥサーラ陛下にもアショーカ王子にも叛いているわけではありません。ただ悪しき大臣が我々に害を与えたからこれを討ったのみです。」と言い阿行王は同地の人々の尊敬を得て支配権を得たという伝説があります。

また父であるビンドゥサーラ王が亡くなった際に彼は長男スシーマを後継者にするように遺言したと伝えられていますが、父が亡くなると、すぐに王都を目指して進軍し、スシーマをはじめ、異母兄弟の多くも殺して王座を手に入れたと言われています。仏教の伝説や仏典の記録によればアショーカは99人の兄弟を殺し、即位後も阿育王を軽視し、命令に従わない大臣達に怒り、500人の大臣を誅殺したと伝えられています。即位後には、アショーカ王の通った所は全て焦土となり、草木が一本も生えていないといわれるほどの暴君だったと言われています。

阿育王と仏教

阿育王の伝説は釈迦のある日の出来事からはじまります。

『雑阿含経』巻23によると阿育王の前世の因縁について次のような説話があります。

釈迦仏はある日、弟子のアーナンダーと遊行している時、土の塔で遊んでいる徳勝童子と無勝童子に出会います。その1人、徳勝童子が、釈迦の三十二の大人相をそなえている姿を見て喜び、その土の塔から細沙(砂の餅)を取り出して釈迦に献じ、無勝童子は合掌をしました。その時、釈迦は「勝徳は我が涅槃後200年(100年)して生まれ変わって転輪聖王となり、姓は孔雀、名を阿育と号し、仏の法をもって国を治め、我が舎利を八万四千の塔に納め四天下に送り供養するであろう」と予言します。
※舎利とは普通、釈迦仏の遺骨のことをいう。

しかし、阿育王は釈迦の予言とは反して、異母兄弟や大臣を殺害し、庶民を弾圧する悪逆非道の暴君となってしまいました。
それを見かねた「耶舎」という高僧がその暴君ぶりに悲しみ、命がけの説得をした結果、阿育王は自らの誤りに気付き善心にたちかえり、仏教の手厚く保護する王となったと言われています。

そして阿育王に仏舎利を供養し仏法を広げるために、八万四千の舎利塔を造り、各地に贈ったという「阿育王 八万四千基の舎利塔伝説」が伝説として伝えられるようになりました。

しかし、実際のところ、これは後世の仏教徒たちが阿育王の仏教改宗を劇的なものとするために改宗前の残虐非道を膨張し書き連ねたものと考えられています。阿育王時代の記録には兄弟が何人も地方の総督の地位にあったことが記されており、少なくとも兄弟の殆どを殺害したという伝説とは一致しません。また、実際には仏教だけではなく、広くさまざまな宗教を保護したことがわかっています。

阿育王の舎利塔は日本でも見れるの?

阿育王の舎利塔は東京国立博物館と奈良国立博物館、九州国立博物館などで見ることができます。

東京国立博物館が所蔵するものは、大正七年(1918年)に和歌山県・那智経塚から出土したものになります。一方で奈良国立博物館が所蔵するものは、中国浙江省・金華万仏塔地宮から出土した銅製小塔などで、中国での出土品と同様の相輪をもっており、相輪まで当初の姿を伝えています。銅製で鋳造して作られたことから大量生産をされていることがうかがえます。塔という名前ですが高さ22.0㎝と実際にはかなり小さいものとなります。

電話をかける(無料) 資料請求