宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

尊厳死(そんげんし)

不治の病や末期の状態となっている人が、本人の意思によって延命措置を行わず死を迎えることを指す用語。

解説

不治の病や末期の状態になっている人が、本人の意思(リヴィング・ウィル)に基づいて、人工呼吸器などの生命維持装置を外して、延命措置しないことで自然経過のまま死を迎えさせることを尊厳死といいます。

例えば、植物状態になってしまった場合に、延命措置によって生命を維持し続けることは「人間としての尊厳を保っていない」と本人が考える場合において、自然な死を選ぶ権利があるとする考え方に基づくものです。生命の質を重視する流れから、このような権利が求められるようになりました。尊厳死は「消極的安楽死」と呼ばれることもあります。

安楽死との違い

尊厳死と近い意味合いの言葉として安楽死という言葉があります。しかし、尊厳死と安楽死の意味合いは大きく異なります。

安楽死とは、死期が近く耐え難い苦痛があり、その苦しみから解放させるべく医師が患者の死期を人為的に迎えさせることを指します。安楽死については日本では法的には認められません。

尊厳死は延命措置をせずに、自然に死を迎えるのに対して安楽死は医師によって何らかの措置を行うことで死を迎えさせるものとなっているため、尊厳死と安楽死は大きく異なるものとなります。

日本での尊厳死法制化の動き

日本の医療現場では尊厳死に関する法整備が整っていないことから、患者が尊厳死を望んでいても医師自身が罪に問われることを懸念して生命維持装置を外すことを拒否する場合が多々あります。こうした事から尊厳死の法制化を目指す動きもありますが、人の命に関する難しい問題ということもあり、日本では実質的な法整備に関する審議には至っていません。

電話をかける(無料) 資料請求