宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

有頂天(うちょうてん)

仏教での世界観である天上界において最高の天を表す用語。

解説

仏教における世界観である天上界において最高の天を表す言葉を有頂天といいます。私たちが日常会話で使う有頂天は「何かがうまくいって得意になること」を表しますが、この有頂天は仏教用語から来たものとなっています。

もともとは仏教の世界観を表す仏教用語で、「天上界における最上の天」を意味するサンスクリット語ババーグラ(bhavgra)が漢訳され、仏教とともに日本に伝来したといわれています。
サンスクリット語のババーグラ(有頂天)とは、「存在=」の頂(最高)を意味ます。これは仏教における三界(欲界・色界・無色界)のうちの最も高位にあるとされている無色界の中でも最高位を表すものとなっています。厳しい修行を修めた人のみが有頂天に昇ることができるとされます。

この仏教用語が時代の流れとともに有頂天という最高位の世界に登り上り詰めた事で、喜びの頂に到達するという意味が変わり、「頂を極める」という意味として用いられるようになりました。これが、さらに時代の流れとともに変化して現在では「喜びのあまり我を忘れてしまう」という意味で有頂天が使われるようになりました。

電話をかける(無料) 資料請求