宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

刀自命(とじのみこと)

神道において祖霊となった際に付けられる尊称としての諡名を示す用語。

解説

神道では故人は上(祖霊)になって、一族を見守るようになるとしています。
刀自命(とじのみこと)は祖霊になった際に付けられる尊称としての諡名(おくりな)です。

刀自命は女性に付けられる敬称です。刀自命の刀自とは、戸口を守るという意味で、転じて女性を指す言葉となっています。大人命(うしのみこと)の大人は領有や支配する人を指す言葉で男性の敬称となっています。例えば、佐藤花子さんなら佐藤花子刀自命となり、鈴木太郎さんならば鈴木太郎大人命となります。意味合いは違いますが、仏教における戒名に近いものとなっています。

諡名(おくりな)

諡名は年齢や性別によって付けられるものが変わります。

・幼児・・・男の子は稚郎子(わかいらつこ)、女の子は稚郎女(わかいらつめ)
・少年・・・男の子は郎子(いらつこ)、女の子は稚郎女郎女(いらつめ)
・青年・・・男性は郎子彦(ひこ)、女性は姫(ひめ)
・成人・・・男性は大人(うし)女性は刀自(とじ)
・老年・・・男性は翁(おきな)女性は媼(おうな)

しかし最近では大人の場合は大人命もしくは刀自命と付けるのが一般的です。一方で子供の場合であれば、彦・比古命、姫・比売命と付けるのが一般的です。

神道においては人はみな神の子であると考えられており、神のおかげで胎内に宿り、やがてこの世での役割を終えると神々の住む世界に帰り、子孫を見守ると考えられています。戒名は仏門に入り仏様の弟子なった際に名付けられる名前であるため、死後は家の守護神となる神道の考え方とは異なるのです。

電話をかける(無料) 資料請求