宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

有(う)

体や心の状態、またはそれが存在する状態を表す仏教用語

解説

体や心の状態を表す仏教用語を有といいます。仏教において有というのは様々な解釈があります。例えば感情を持つものを有情と呼びます。
生きているものは全て有情であると言われています。

この有情は輪廻転生を繰り返すものとされており、その輪廻転生の過程でどのような存在(状態)であるのかを表したものを四有といいます。
四有は次のようなものであるとされています。

四有
・本有(ほんぬ)・・・生まれてから死ぬまで
・死有(しう)・・・・・死の瞬間
・中有(ちゅうう)・・・死んでから次の生を受けるまで
・生有(しょうう)・・・生を受けた瞬間

電話をかける(無料) 資料請求