宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

仏滅(ぶつめつ)

六曜のひとつで、大安、友引、先勝先負赤口とならび吉凶について定めたもの

解説

仏滅は、「ぶつめつ」と読みます。六曜のなかでは一番の凶日で「仏」が「滅びる」という漢字が表すように、仏様ですら滅びてしまうほどの凶日です。
なお、赤口と仏滅を比べてどちらがのほうが凶日かという議論されることもあります。この場合、一般的には仏滅のほうが最凶日とされます。ただし、赤口のほうが凶日であるとされる場合などもあり様々です。

仏滅の意味

仏滅は丸一日すべてが凶であり、何事に対しても凶となるので、結婚式やお祝い事などの行事は行わず、ゆったり静かに過ごすのが、もっともよいとされる日です。
仏滅は中国から伝わったときは「空亡・虚亡」と表現されており、「仏ですら滅びる大凶日」という意味ではありませんでした。
また、昔の暦においては「物滅」と表現されており、「あらゆるものがリセットされ、物事を始めるのに良い日」であったという説もあります。
六曜という暦注は長い年月の歴史があるなかでも、比較的新しい暦の概念であり、その会社も時代が変わるごとに変化してきたものといえます。現代に伝わる「仏滅」は今後の世界を表現したものなのかもしれません。

仏滅の吉と凶の時間

仏滅は丸一日が凶日とされていますが、その仏滅においても吉の時間帯が存在すると言われている説もあります。それは仏滅の翌日が「大安」となっていることから、「お昼からは縁起が良くなる」という説です。
仏滅は縁起が悪い不吉な日となっており、結婚式や入籍、結納、車の納車など縁起を担ぎ、運気をあげたいという方は、ほかの日を選ばれるほうが良いと思います。

電話をかける(無料) 資料請求