宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

赤口(しゃっこう・しゃっく)

六曜のひとつで、大安、友引、先勝先負、仏滅とならび吉凶について定めたもの。

解説

赤口は通常であれば「しゃっこう」と読みます。別の読み方としては「しゃっく」とも読まれ、赤口以外の他の六曜には訓読みもありますが、赤口は「あかぐち」や「せきぐち」というように訓読みはありません。
また漢字が意味するところは不明ですが、陰陽道でいう赤舌日(口が赤い怪物・赤舌神が支配する言われている大凶日)と赤口が混同されたものともいわれています。
いずれにせよ六曜のなかでも仏滅と同様に凶日とされています。

赤口の意味

広辞苑(第7版)では「凶とされる日、牛の刻のみが吉とされる」と解説されており、六曜のなかでも仏滅とならぶ凶日となります。縁起が悪く、不吉な日というと「仏滅」もありますが、比較して赤口のほうが良いというものではないので、赤口の日は穏やかにゆっくりと過ごすことを心がけましょう。
また赤口には「赤・あか」という文字が入っており、「火」または「血」などの赤い色をイメージさせる行為=赤舌神をイメージさせることは特に注意が必要です。
ただし、赤舌神が寝ている時間=牛の刻は吉となります。

赤口の吉の時間

赤口でも、1日の中で吉となる時間帯があり、それは11時~13時(牛の刻)です。
そもそも赤口はあらゆる出来事に対して、縁起が悪くて不吉な日とされています。こうした事から結婚式や入籍、結納、車の納車日など縁起を担ぎ、運気をあげたいという方は、ほかの日を選ばれるほうが良いと思います。
ただし、結婚式場では赤口に結婚式を挙げる場合は特別割引がある場合もありますので、なかなか日取りが決まらないという方や吉凶を気にされない方にとってはお得なものかもしれません。

赤口の凶の時間

赤口はその日自体が凶日なので、牛の刻を除き、良い時間はありません。
赤口の日は地域によってではありますが、赤色にまつわるもの、連想する料理や刃物を使うこと、血が上ることをイメージさせる喧嘩や祭りを避ける地域もあります。
また、金運に関するお財布の買い替えや契約事も避けるという場面が多いようです。

電話をかける(無料) 資料請求