宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

浮世(うきよ・ふせい)

厭うべき辛いことの多い世の中を指す用語。

解説

もとは「憂き世」という仏教的厭世観から、厭うべき辛いことの多い世の中の事を言いました。浮世は「うきよ」だけではなく「ふせい」と呼ばれる場合もあります。

形容詞「憂(う)し」の連体形に名詞の「世」が着いた語で「浮世」と書きます。平安時代後期から室町時代まで、仏教の無常観に基づく「憂い事」の多い現世を否定的に捉える仏教的観念でした。この世を「無常のもの」「仮の世」と考え「辛い世の中」であるという仏教的厭世観が、江戸時代に入り「儚い世の中であれば浮かれて暮らそう」という享楽的に生きようとする気風が広まりました。その後漢語の「浮世(ふせい=定めない世)」の意味が重なり合い、「浮世」の字が使われるようになりました。

ここから転じて、遊里や演劇といった享楽的欲望を満たしてくれる世界、また当時の風俗や男女間の恋愛にまでこの「浮世」の概念は拡大していきました。「浮世絵」や「浮世話」など言葉も生まれました。

浮世絵

江戸時代初期に成立した絵画様式一つです。生活や流行、遊女や役者などをテーマにした絵画で市民層を中心に盛り上がりをみせました。現代でも博物館や美術館などで様々な浮世絵を見ることができます。

浮世離れ

世間一般の常識から考え方や生き方がかけ離れていることを指す言葉です。また世間俗事のわずらわしさから超然としていることや世の中の動きや常識に無頓着なことを指す言葉として使われることもあります。

電話をかける(無料) 資料請求