宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

応身(おうじん)

仏の在り方を別けた三身のうち一つを示す用語。

解説

応身とは仏教用語であり、仏様の在り方を法身(ほっしん)、報身(ほうじん)、応身(おうじん)の三通りに分ける見方の一つです。「応現した身体」という意味から応身と言います。
現身(げんしん)とも言います。
仏様が衆生(世の中の人々)を救済するため、対象に応じて様々な姿で現れる仏身を表す呼称です。歴史的には釈迦や菩薩、人の目に見る事の出来る仏身を指します。

サンスクリット語の「ニルマーナ」の「化成」という意味から、化身と同じ意味でありこれから「応化身」と呼ばれました。このような仏身についての考え方は仏様が単なる「法」や「理」ではなく、人間という一定の形をとるものでもなく、恒に衆生に向かって働きかけているものと考えられていることを示しています。

なお、法身は法の身体、法は教えで真理。教えは永遠不滅の心理の仏様として、存在し続けることを言います。同じ意味を表す言葉に法仏、法身仏、自称身、法性身などがあります。
報身は仏様となるため精進し行を重ね、その結果報いとして完全な功徳を備えた仏身の事を言います。受用身とも言います。これは「受用される身」、すなわち人間が仏様の身体を受用して成仏するという意味でもあります。

電話をかける(無料) 資料請求