宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

湯灌(ゆかん)

葬儀に際し、遺体を入浴させ洗浄することを指す用語。

解説

葬儀を執り行う前に、ご遺体を入浴させて洗浄することを湯灌といいます。湯灌については様々な方式があり、簡易的なものでは清拭をすることで済ませる場合もあります。特に病院で死亡した場合にはエンゼルケアと呼ばれ看護師により簡易的な清拭が行われます。実際にシャワーで頭やお身体を洗うまでの事はしてもらえません。

湯灌を行う際には男性の場合はその際にひげをそられ、女性の場合は死に化粧が施されます。なお、湯灌を行うかどうかは地域差も大きく、湯灌が一般的ではない地域もあります。

湯灌を行う意味とは

葬儀を行う上で湯灌は必ずしも必要なものではありません。しかし、長い闘病生活でお風呂に入られなかったり、生前お風呂が好きだった方には最大の供養になることから湯灌を行います。故人は一生のお仕事を終え、新たな旅立ちをされることから、身支度をされ新しい気持ちで心残りなく送り出してあげるためにも湯灌が行われています。

湯灌を行った後には旅立ちの衣装に改められて納棺されます。

なお、湯灌は葬祭業者の施設で行われる場合もありますが、自宅で葬儀を行う場合は給排水装置を積んだ専用車が手配され葬儀会場へ湯灌専用の湯船が搬入されます。

湯灌の歴史

湯灌の歴史を紐解くと中国まで遡るようです。中国で行われていた湯灌が禅宗と共に日本に伝わり、広まったと考えられています。江戸時代頃には死体検案の一環として住職立ち合いのもとで行われていたとされます。寺院によっては湯灌を行うための湯灌場と呼ばれる設備を設けていたところもあったようです。

電話をかける(無料) 資料請求