宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

先負(せんぷ・せんまけ・さきまけ)

六曜のひとつで、大安、友引、先勝、赤口、仏滅とならび吉凶について定めたもの

解説

先負(せんぷ・せんまけ・さきまけ)は、一般的に「せんぷ」と読み、「せんまけ」や「さきまけ」とも読まれます。六曜のなかでは後ろから3番目で、「負」という漢字が入っているため、凶日と思われるかもしれませんが、平穏を保っておくのがよいとされる日です。
また、先負は文字の通り「先んずれば負ける」と表現し、午前は凶、午後からは吉となります。

先負の意味

広辞苑(第7版)では「この日平穏を守って吉、午前は凶、午後は吉」と解説されており、
ものごとを始めたりするよりも、争い事や急ぎの用事を避け、平穏に静かに過ごすことが良いとされています。
ただ時間帯によっては吉となります。時間帯に合わせて行動されるのがいいでしょう。

先負の吉の時間

先負の日における吉の時間帯は「午後」です。動き始めるのは午後12時からがおススメです。
例えば、結婚式や入籍の日柄としては大安、友引が良いとされていますが、先負の日であっても、午後からは吉となります。繁忙日にあたる大安、友引に比べて、割安となり、予約も取りやすいので、先負の午後からの結婚式は穴場とされています。
また、同じ理由で引っ越しや車の納車などもスムーズに行えることが多いようです。

先負の凶の時間

先負の日における凶の時間帯は「午前中」です。
先負の午前中は急ぎの用事や争い事を避けて、静かに平穏な時間を過ごしましょう。
午後になると吉の時間帯となりますので、大事な商談や契約、お見舞いなどを行ってもよい日となります。

電話をかける(無料) 資料請求