宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

先勝(せんしょう・せんかち)

六曜のひとつで、大安、友引、先負赤口、仏滅とならび吉凶について定めたもの。

解説

先勝は主に「せんしょう」と読みます。他の読み方として「さきがち」や「せんがち」「せんかち」とも読まれる場合もあります。また漢字の場合も「先勝」または「先勝ち」と表記される場合もあります。
六曜において3番目の吉日とされています。

先勝の意味

広辞苑(第7版)では「午前は吉、午後は凶、急いで吉という」と解説されており、六曜において吉日とはされていますが、先勝は文字の通り「先ずれば勝ち」と表現し、急ぎ事は先勝に行うほうが良く、1日のうち早い時間帯、つまり午前に行うのが吉とされます。
またその一方では、時間帯によっては、凶になる時間もあります。

先勝の吉の時間

先勝の日における吉の時間帯は「午前中」です。12時までの午前に行いましょう。
例えば、結婚式や入籍を行う日柄としては大安、友引についで良い日取りとされていますが、先勝に結婚式を挙げる場合は、先勝の午前中に挙式を行うことをおススメします。
また、結納や内祝いの送ること、大事な商談・契約、引っ越しなどの大きなイベント事から、車の納車、お財布の購入なども縁起を担ぎ運気を上たいという方は、先勝の午前中が良いとされています。

先勝の凶の時間

先勝の日における凶の時間帯は「午後」です。午後2時~6時が該当します。
結婚式や車の納車などは、大切なイベントはできるだけ午前中に行い、午後からは避けましょう。
また、通夜を先勝の日に行わないという風習がある場合もあり、これは通夜の翌日が「友引」に当たることから、江戸時代から広がった「友引に葬式はよくない」という風習を気にされる方への配慮として、避けるのが一般的です。

電話をかける(無料) 資料請求