宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

命日(めいにち)

人が亡くなった日を指す用語。忌日とも。

解説

ある人が亡くなった日を命日といいます。命日は忌日と言われる場合があります。一般的に命日というと死亡した付きを表す祥月と組み合わせて、一周忌以後の当月の命日である祥月命日を指すことが多いです。
祥月に関わらない月ごとの命日を月命日(つきめいにち)と言います。

なお、亡くなった年月日を没年月日(ぼつねんがっぴ)と言います。

仏教における命日

仏教において、命日に供養や法要を執り執り行うのが一般的です。
日本の仏教では年12回の月命日に故人の供養を行い、一定の年数の命日には年忌法要が行われます。

年忌法要一覧

・一周忌(命日から満1年目)
・三回忌(命日から満2年目
・七回忌(命日から満6年目)
・十三回忌(命日から満12年目)
・十七回忌(命日から満16年目)
・二十三回忌(命日から満22年目)
・二十七回忌(命日から満26年目)
・三十三回忌(命日から満32年目)
・三十七回忌(命日から満36年目)
・四十三回忌((命日から満42年目)
・四十七回忌(命日から満46年目)
・五十回忌 (命日から満49年目)
・百回忌  (命日から満99年目)

近年では三十一回忌、三十三回忌、五十回忌のいずれかをもって”弔い上げ”(戒名を過去帳に移しお骨を土に返す)をされるのが一般的になってきました。

電話をかける(無料) 資料請求