宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

行脚(あんぎゃ)

僧侶が仏教修行のために諸国を徒歩で巡ることを指す用語。

解説

仏教修行の一環として僧侶が諸国を徒歩で巡ることを行脚といいます。行脚中の僧侶は野宿をしながらひたすら歩き、その間は托鉢をして日々の糧を得ます。一方で、人々は通りかかった僧侶に喜捨することで功徳を得るとされていました。有名な四国八十八箇所を徒歩で回る「お遍路さん」も行脚の一つであるとされています。

なお、行脚は僧侶に限らず、歌人などが創作目的として旅をすることを意味する場合もあります。

布教としての行脚

近年では行脚といえば修行的な側面が強くなっていますが、かつては行脚は布教のためにも行われていたものと考えられています。仏教が日本で成立しはじめた時代において人々に何かを伝えるには直接会って話をする他ありませんでした。

そこで多くの僧侶が行脚し日本全国でお釈迦様の教えを説いて回ったと言われています。こうした行脚という地道な活動が日本全国に仏教が広まった要因の一つであると考えられています。

電話をかける(無料) 資料請求