宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

葬列(そうれつ)

葬儀場から火葬場や墓地まで故人の棺を運ぶ行列を指す用語。野辺送りとも。

解説

葬儀場から火葬場や墓地まで故人の入った棺を運ぶための行列を葬列といいます。葬列は野辺送りとも呼ばれ、かつて日本ではよく見られる光景でした。葬列には並ぶ順序と役割が予め決められています。まず、葬列には松明・提灯・六道を先頭に、旗・龍頭・花籠・香炉・四華花・膳・位牌・遺影・天蓋・霊柩という役割と順序で並びます。

そして葬列のそれぞれの役割を誰が務めるのかというと位牌は喪主が持ち、親族などが遺影や膳を持ちます。そして、地域住民や友人などがその他の役割を務めます。

なお、現代では葬儀場から火葬場まで棺を運ぶのには霊柩車を使うのが一般的となっており、葬列が組まれることは殆どありません。

霊柩車の乗車順序

現代で葬列が組まれることは殆どありませんが、霊柩車の車列を葬列とみなす場合もあります。
霊柩車には一般的に位牌を持った喪主が乗車します。その後続車に遺影を持った親族が乗車し、それ以降の車両には親族や友人などが乗車します。ただし、葬列では先頭は松明を持つ人であったことから、あえて先頭となる霊柩車に喪主が乗らない場合もあります。

電話をかける(無料) 資料請求