宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

一切皆苦(いっさいかいく)

釈迦の説いた教えで「この世は思い通りにはならない」ということを表す用語。

解説

お釈迦様の説いた教えの一つである「世の中は自分の思い通りにはならない」ということを表す言葉を一切皆苦といいます。一切皆苦はお釈迦様の説いた教えの中でも特に重要な4つの教え「四法印」の一つとして数えられています。

一切皆苦の意味とは

一切皆苦はお釈迦様の説かれた「世の中は自分の思い通りにはならない」ということを表す言葉となっています。それでは一切皆苦が表す「世の中は自分の思い通りにはならない」ということはどういうことなのでしょうか。

例えば、将来的に安定した生活を手に入れたいと考えいい大学に入りたいとすると受験勉強をする必要があります。受験勉強をする際に自分の思い通りに成績が伸びず悩む事は誰しもあるのではないでしょうか。最終的に勉強を頑張っても希望する大学には入れないということもあります。

また、大学に入れたとしてもいい企業に就職しようと思うと厳しい就職活動をすることになります。就職活動中においても選考途中で不採用となってしまったり、希望した会社に入れない事もあると思います。そして、例え会社に入れたとしても今度は思い通りに仕事ができなかったり、昇進できないという悩みを抱える事があると思います。

このように人間であれば誰しもが人生において自分の思い通りにならず悩むことを一切皆苦というのです。

電話をかける(無料) 資料請求