宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

忌み言葉(いみことば)

葬儀や法事などにおいて使うべきではないとされる言葉を指す用語。

解説

主に葬儀や法事などにおいて使うべきではないとされる言葉を忌み言葉といいます。忌み言葉を使うことはマナー違反となるので注意が必要です。
葬儀における忌み言葉としては「たびたび」などの重ね言葉、「引き続き」など繰り返しを連想させる言葉、「終わる」など不吉な言葉、「死ぬ」など直接的に死を連想させる言葉などがあげられます。

葬儀における忌み言葉一覧

ここでは葬儀における代表的な忌み言葉を一覧でご紹介します。
葬儀でうっかり忌み言葉を使わないようにしっかりと確認しておきましょう。

重ね言葉

「ますます」「どんどん」「たびたび」「またまた」「くれぐれも」「かさねがさね」などの重ね言葉は不幸が重ねることをイメージさせるものとして忌み言葉とされています。日常会話で使うことが多い言葉も含まれているためうっかりと使わないように特に注意しましょう。

不幸の繰り返しを連想させる言葉

「また」「再び」「再三」など繰り返しや継続を連想させるような言葉についても忌み言葉とされています。「また、お会いしましょう」というようなフレーズでも忌み言葉となるため注意してください。

不吉な言葉

「終わる」「消える」「落ちる」「切れる」など不吉な言葉についても忌み言葉とされています。また、「四」「九」などの数字についても死や苦を連想させる言葉となりますので忌み言葉になります。

死を連想させる言葉

「死ぬ」「急死」など死を直接的に連想させる言葉についても忌み言葉になります。こうした言葉をやむを得ず使う場合は「ご逝去」などに言い換えるようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求