宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

還俗(げんぞく)

僧侶が戒律を捨て、俗人(一般人)に戻ることを指す用語。

解説

僧侶には戒律(僧侶として守るべき規則)があるのですが、この戒律を守ることをやめ、俗人(一般人)に戻ることを還俗といいます。自分の意思で還俗する場合と、教団などの組織によって強制的に還俗させられる場合の2通りがあります。

僧侶の戒律とは

僧侶には戒律と呼ばれる守るべき規則が存在します。具体的には「盗みを犯さない」「生き物を殺さない」など常識的なものから「お酒を飲まない」といった社会生活から考えると厳しいものまであります。

これらの戒律を破ると強制的に還俗させられることになります。また、場合によっては自ら還俗をすることも、再び出家することもできないものとなります。

電話をかける(無料) 資料請求