宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

盆提灯(ぼんちょうちん)

盆の時期に先祖への目印として灯す提灯。

解説

お盆の時期に、ご先祖様が迷わないために目印として灯す提灯を盆提灯といいます。基本的に盆提灯は図柄が書かれたものを灯しますが初盆(はじめてのお盆)のみ白提灯と呼ばれる図柄の入っていない提灯を灯します。白提灯についてはお盆が終わった際にお焚き上げを行います。

盆提灯は基本的には対にして灯します。また、盆提灯については吊り下げるタイプと据え置き型の2種類のタイプがあります。図柄については様々なものがありますが、家紋の入った盆提灯を灯す場合もあります。

なお、かつては盆提灯にはロウソクの明かりが使われていましたが、近年では火災予防の観点から電気で点灯させるものが増えています。特に最近では長寿命のLEDタイプの盆提灯も販売されています。

盆提灯を送る

地域などによっては盆提灯を送る風習があります。特に親戚や親しい友人などに対してお盆の前に送ります。送る盆提灯としては図柄が入っているものを送るのが一般的です。また、盆提灯は対で飾るのが一般的ですので基本的には対で送るものとされています。

なお、盆提灯を置くにはスペースが必要となるため、盆提灯を置くスペースがあるかなどの配慮を忘れないようにしましょう。

電話をかける(無料) 資料請求