宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

生花祭壇(せいかさいだん)

生花や草木などを用いて作られた祭壇を指す用語。

解説

故人の好きだったお花などを使いながらアレンジして作られる祭壇を生花祭壇といいます。生花祭壇は白木祭壇に比べて豪華で華やかな印象の祭壇となるため、近年人気のある祭壇となっています。また、白木祭壇は予め決まった祭壇から選ぶのに対して、生花祭壇は故人の好きだった花や色などのイメージを伝えた上でお花屋さんがアレンジして作り作り上げるため、たった一つしかないオリジナルの祭壇となります。

デザインの自由度は高く、お花を使って祭壇にハート型やダイヤモンド型を表現したり、祭壇全体を波打つような躍動感のあるデザインにすることも可能です。

ただし、生花祭壇は生花をたくさん使うことや一つ一つ作ることから白木祭壇に比べると費用は高くなります。

祭壇の選び方

実際に葬儀を執り行う際に生花祭壇にするのか、白木祭壇にするのか迷う場合があると思います。どちらの祭壇を選ぶかは完全に好みとなりますが、生花祭壇のほうが白木祭壇よりも最低でも1.5倍程度の費用がかかるため、まずは予算から決める必要があります。

また、生花祭壇は故人の好きな花やイメージなどをベースにして作り上げるため、こうした部分を明確にできるかどうかも祭壇を選ぶ上で重要となります。

電話をかける(無料) 資料請求