宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

合同葬(ごうどうそう)

社葬や団体葬など遺族と会社などの組織が合同で執り行う葬儀を指す用語。

解説

遺族と会社や団体などの組織が合同で執り行う葬儀を合同葬といいます。言葉の意味合いとしては社葬や団体葬などと同じです。基本的に合同葬は会社やその団体に貢献した人に対して行われます。合同葬は一般的な葬儀に比べると大規模なものとなることが多く、組織の中に葬儀委員会と呼ばれる専門の部署を配置した上で執り行われる場合があります。また、葬儀を取り仕切る葬儀委員長を選出する場合もあります。合同葬の葬儀費用については遺族と組織が負担する場合、組織が全額負担する場合など様々です。

なお、合同葬については一般的な葬儀ではなくお別れ会として執り行われることも多くなっています。

密葬は行わない

合同葬の場合は社葬や団体葬とは違い、事前に密葬を行うことはありません。これは故人の葬儀を会社や団体などと一緒に合同で執り行うものであるからです。また、合同葬では密葬を行わないため、一般的な社葬や団体葬と異なり、故人のご遺体を祭壇前に安置した状態で執り行われることがあります。この場合、出棺も行われ、火葬されます。

電話をかける(無料) 資料請求