宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

モダン仏壇(もだんぶつだん)

従来の仏壇に比べて意匠性が高く、現代のライフスタイルに合わせた仏壇を指す用語。

解説

今までの仏壇と比べておしゃれなデザインでマンションなどでも置けるコンパクトな仏壇をモダン仏壇といいます。モダン仏壇は家具調仏壇と呼ばれることもあります。かつて仏壇はどこの家でも仏間に置いてありました。しかし、近年では住宅環境が変わり戸建て住宅ではなくマンションに住んでいる人が増えていることや、戸建て住宅においても仏間や和室を設けないという家庭が増えています。

こうした事から生まれたモダン仏壇は洋風の家にも合うようにデザインされており、サイズについても非常にコンパクトになっています。モダン仏壇によってはタンスなどの上に置けるタイプもあります。

モダン仏壇の種類

モダン仏壇にはいくつかの種類があります。ここでは代表的なモダン仏壇の種類をご紹介します。

床置きタイプ

床に置いて設置するタイプのモダン仏壇です。床に置くという点では従来の仏壇と同じですが、従来の仏壇に比べておしゃれでコンパクトなものとなっています。リビングなどに置いても違和感がないほどおしゃれなものもあります。

上置きタイプ

上置きタイプはタンスや机などの上に置いて設置するタイプのモダン仏壇です。既存の家具の上に置くので非常に省スペースとなっています。仏壇を置くスペースがない場合にお勧めです。

壁掛けタイプ

壁掛けタイプは壁にかけて設置するタイプのモダン仏壇です。壁に掛けるため場所を取りません。壁掛け仏壇はデザイン性の高いものが多く、お部屋のインテリアのようになるものもあります。

モダン仏壇で本当にいいのか

モダン仏壇は従来の仏壇に比べると小さく、デザインも大きく異なります。こうした事から「モダン仏壇で本当にいいのか」という疑問を持つ人も多いかもしれませんが、モダン仏壇は小さくても仏壇であり、何の問題もありません。モダン仏壇であってもしっかりと供養することができます。

電話をかける(無料) 資料請求