宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

満中陰(まんちゅういん)

関西地方での呼び方であり、四十九日の忌明けのことを指す用語。

解説

満中陰(まんちゅういん)とは、関西地方独特の言葉であり、中陰期間が明けたこと=四十九日の忌明けを意味するものです。そもそも中陰とは人の死後49日間のことを指しており、極楽浄土にいけるように7日ごとで供養をする期間のことで、それが全て終わったことを「満中陰」と呼びます。
満中陰に法要をするのであれば、四十九日法要と同様の準備や流れで進めていけばよいのですが、地域によっては一般的なものとはルールが違う可能性もありますので注意が必要でしょう。
なお、満中陰法要の参列者にはお返しとして「満中陰志」や「粗供養」を渡すことになっていますので、下記でその役割と言葉の意味をご紹介いたします。

満中陰志と粗供養について

満中陰を終えた後には、忌明けを迎えられた感謝の印として参列者に「満中陰志」や「粗供養」をお渡しします。人によっては両者を同等のものと捉えていることもありますが、実は微妙なニュアンスの違いが存在しているのです。厳密にいえば、「満中陰志」は葬儀や告別式の際にいただいた香典やお供えに対して、”忌明け後”にお返しをする品のこと。「粗供養」は満中陰法要の参列者に対して”当日”お返しをする品のことといった具合です。

電話をかける(無料) 資料請求