宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

沐浴(もくよく)

体を水で清める事を指す用語。

解説

主に宗教儀式の一つとして体を水で清めることを沐浴といいます。日本においては仏教の湯灌や神道の禊ぎも沐浴の一種とされる場合もあります。キリスト教では洗礼が沐浴になります。また、沐浴という言葉を聞くと体全体を水やお湯につけて清める必要があるイメージを持つかもしれませんが、神社を参拝する際に行う手水のような手や口を清めることも沐浴に含まれます。

なお、沐浴は宗教ごとに様々な呼び方がありますが、基本的に体を清めるために行うということについては共通しています。

沐浴の目的

沐浴の基本的な目的は体を清めるためになります。例えば聖なる場所(神社など)に入る際に穢れを取り除くために沐浴を行ったり、湯灌のように生から死という状態へ移り変わるために湯灌を行います。また、ヒンドゥー教において信仰の対象とされるガンジス川での沐浴のように聖なる場所に身を置くことで穢れを落とす場合もあります。

ガンジス川での沐浴

沐浴という言葉を目にするとヒンドゥー教の信者がガンジス川で沐浴をする姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ヒンドゥー教においてガンジス川はガンガーという女神として神格化されており、聖なる場所とされています。こうした事から多くのヒンドゥー教信者がガンジス川で沐浴をしています。

しかし、近年ではガンジス川の水質汚染が深刻化しており、ガンジス川で沐浴した人が病気になるなどのトラブルも発生しているようです。

電話をかける(無料) 資料請求