宗教儀式を行わない葬儀ならお坊さんのいないお葬式「用語集」ページ

用語集

枕飯(まくらめし)

人が亡くなった際、枕団子と同じように枕飾りの一種として故人に供えられるもののことを指す用語。

解説

枕飯(まくらめし)とは、人が亡くなった時に枕飾りとして供えられるものです。その由来としては、昔は今のように白米が安価ではではなかったため、高級品である白米を故人に捧げることで故人の復活を祈ったものだとされる説があります。ただし枕飯は仏式独自の考えであるため、キリスト教式などではしませんし、仏式の中でも浄土真宗では人は死んだらすぐに仏になると考えられているため、枕飯を用意する必要もありません。
枕飯の作り方については下記をご参考ください。

枕飯の作り方

枕飯にはいくつかルールが存在しており、それは「焚き上げたお米は全て使う」「お箸を立てる」というものです。
まず「焚き上げたお米は全て使う」についてですが、これは焚き上げたお米を全て使用することによって不幸を取りこぼさないようにするという意味合いが込められています。そのため枕飯用のお米を炊く際にはお茶碗2杯分の量を計量してからにしましょう。なお、昔は枕飯はかまどで焚くものとされていましたが、現在ではそうした決まりはありませんので、自宅にある炊飯器で問題ありません。炊きあがったお米は2つ茶わんを準備して、それぞれに盛った後茶わん同士を合わせると綺麗な枕飯を作ることができます。
次に「お箸を立てる」についてですが、立て方は地域や宗派によって大きく違いがあります。有名なのは箸を2本立てる・十字になるように立てる・一本だけ立てるといったものです。

電話をかける(無料) 資料請求